みっけなブログ18

主にエロゲー関連のシナリオライターとして活動中な三家原優人のブログです。
基本はまったりと日常のあれこれから、ボードゲームやデジタルゲームなどの紹介・お仕事情報も書いてます。 お仕事のご相談もお気軽にー!

キウイゲームズ

ボードゲームレビュー第246回「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」が掲載されましたーっ!

ってなわけで、今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」なのですーっ!

前作は四人で協力し合うザ・ゲームでしたが、今回はガラッと二人用対戦ゲームとして帰ってきたのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
……とはいっても、基本的なルールは「ザ・ゲーム」なので、前作をプレイした人はすぐに遊べると思いますねー。

今回加わった新要素によって、自分の行動が相手に、相手の行動が自分に有利に働いて……!?
その為、ワンアクション毎に相手の顔色を伺いながら、もしくは相手の顔を見ながらまさに「フェイス・トゥ・フェイス」な攻防戦を繰り広げていくのですよ!

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ!( b*• ̀ω•́ )b

ボードゲームレビュー第245回「インヴィクタス・ザ・キング」が掲載されましたーっ!


毎週木曜日はキウイの日ーっ! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
ってなわけで、今回ご紹介するのはより発売中のヘムズユニバーサルゲームズより発売中の「インヴィクタス・ザ・キング」なのですー!

プレイヤーは国王となって、自国を強化しつつ相手に攻め込む、または攻め込んでくる相手を自国の民を使って殴り返してやろうという対戦型カードゲームなのですよ!( ゚∀゚)o彡゜

互いに同じ内容のカードから、いろいろと抜き差ししてデッキを構築していくタイプなのですが、相手の性格やカード同士の相性なども考えると、それこそあれこれとやりこむ要素があって、気がついたら何回も遊んでいました……(๑•̀ㅂ•́)و✧

ご興味のある方は、レビューにぜひぜひアクセスアクセスなのですーっ!

ボードゲームレビュー第243回「ライジングサン」が掲載されましたーっ!


毎週木曜日はキウイの日ーっ! ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚ 
今回ご紹介するのは、アークライト様から発売中の「ライジング・サン」なのですーっ!

……映画じゃないよ?(まて)

プレイヤーは、舞台である戦国時代の中、移り変わりゆく季節の間に戦略を練り、徳を高め、数多の妖を使役して日本統一を目指していくのですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

……とまあ、ここまで書くと、本格戦国シミュレーションゲームに式神的な要素を加えたのかしらと思いますけど、そこにさらに外国人の妄想するエキゾチックジャパンな雰囲気まで投入されているから、何かがおかしい……!

そんなちょい似非っぽい雰囲気に加えて、やたらとかっこいいフィギュアまでついてと、どこまでパワー全力で作ったんだと思いますねー……(´Д`*)

クトゥルフウォーズといい、メディカルキットに入ったパンデミックといい、それに本作と……コレクション魂をくすぐるのがどしどし出てきますねー……。

とはいえ、ただのコレクターズアイテムでは終わらない!
ゲームのほうも結構がっつり系なので、ご興味が湧いてきた方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですー٩(>ω<)و

ボードゲームレビュー第242回「カスタムヒーローズ」が掲載されましたーっ!


毎週木曜日はキウイの日ーっ・:*+.\(( °ω° ))/.:+
ってなわけで、今回ご紹介するのは、アークライトゲームズ様より発売中の「カスタムヒーローズ」なのですーっ!!

「カスタムヒーローズ」とは、大富豪とカスタマイズ要素を組み合わせたまったく新しいカードゲームである!(まてこら)

……まあ、冗談はさておき(๑•̀ㅂ•́)و✧
実際、誰でも知っているトランプの「大富豪」に、数字をカスタマイズしたり、必殺技や特殊能力を組み合わせることによって、通常の大富豪よりもかなり複雑で奥深いゲームとなっているのですよ。

遊んでみた感じとしては、大富豪的なスリルを味わいつつ、カスタマイズで一気に逆転出来て爽快だったりと、ありそうでなかった感じですねー。
もしかしたら、他にも同じような事をしていたかもしれませんけど、カスタマイズ要素以外にもUNOみたいなスキップがあったりと、ゲームを面白くする為に色んな要素をカスタマイズさせたゲームという感じがしますね(人*´∀`)

個人的には、あればすぐ買いたいくらいの手軽さと面白さだったので、ご興味のある方はぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!(`・ω・´)ゞ

ボードゲームレビュー第241回「ダイスセトラーズ」が掲載されましたーっ!


毎週木曜日はキウイの日ーっ( ゚∀゚)o彡°
今年2回目! そして、久しぶりにレビュー担当なのですよーっ!

ってなわけで、今回ご紹介するのはNSKNGames&テンデイズゲームズ様から発売中の「ダイスセントラーズ」なのですーっ!

プレイヤーは開拓者となって、未開の土地を我先に開拓して、自分のものにしちゃおうという内容なのですよ。
パッと見た印象や、大体のプレイ感覚はカタンなんですけど、行動する為に使用するダイスの構成をカスタマイズしていくところなんかはドミニオンに似ていてと結構ツボをプッシュされる人には面白いゲームなんじゃないかと思ったり(*´∀`*)

ご興味のある人は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ボードゲームレビュー第240回「シティ・オブ・ローマ」が掲載されましたーっ!

190113
ボードゲームレビュー第240回「シティ・オブ・ローマ」

毎週木曜日はキウイの日ーっ!!( ゚∀゚)o彡°
ってなわけで、無事に2019年最初の記事が掲載されましたねーっ。今年でレビュー記事も6年目! 地味にすげぇ……Σ(゚∀゚ノ)ノ

そんなわけで今回掲載されましたのは、以前にも掲載された「カカオ」などをリリースしているABACUS SPIELE様(翻訳:ジーピー様)から発売中の「シティ・オブ・ローマ」なのですーっ!

その名の通り、ローマが舞台なのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
プレイヤーは手持ちの資材を使って、どんどんと建物を建設して立派なローマの街を作っていこうという建築ゲームなのですよ。
建築する建物には、大浴場があったり神殿があったり、建物の並びや数で勝利点が変わってきたりするので、パズル的な要素もあったりするのですよ(人*´∀`)

なんでも、毎年ドイツで開催されているSPIEL'18のアンケート調査で、堂々の第1位に選ばれたゲームなんだとか。
シンプルながらもジレンマもあったりとたしかに良いゲームですんねー(・ω・)

ご興味のある方は、レビューにアクセスアクセスなのですーっ(*´ڡ`●)

ボードゲームレビュー第239回「オルビス」が掲載されましたーっ!

orubisu
ボードゲームレビュー第239回「オルビス」

毎週木曜日はキウイの日っ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
去年の年末はバタバタとしていて紹介が遅れてしまいましたけど、年末最後を飾ってくれたのはホビージャパン様から発売中の「オルビス」なのですーっ!

テーブル上に置かれた地域タイルを手に入れて、どんどんと自分の理想の天地創造をしちゃおう! というと、ちょっと重たいゲームをイメージ……実際、プレイ前の私も同じだったのですよ……ですが、この「オルビス」はとっても簡単・:*+.\(( °ω° ))/.:+

手に入れた地域タイルを、ルールに従って自分の手元に置いていくだけ! 入手条件がたまにあったり、特殊能力が発生する事もありますけど、基本的には「タイルを手に入れる→設置する」というだけ!

遊んでみた感覚は、ニューゲームオーダー様から発売されているクニツィアの傑作の一つとも言われる「ペンギンパーティー」に近い感じですねー。
その一方で、特殊能力だったり地域タイルを入手する時に戦略性があったりするので、ご興味のある方は、ぜひぜひ遊んでみてくださいねーっ.+゜*。:゜+(人*´∀`)+゜:。*゜+ 

ボードゲームレビュー第234回「ジャアク教授と時限要塞」が掲載されましたーっ!

毎週木曜日はキウイの日ーっ٩(>ω<)و
ってなわけで、今回ご紹介するのは、アークライト様より発売中の「ジャアク教授と時限要塞 」なのですーっ!

プレイヤーはジャアク教授と呼ばれる大泥棒の屋敷に忍び込み、屋敷のお宝を盗み出そうという……どっちが悪党だかよく分からないゲームなのですよ(まて)

屋敷の中をまさに自由気ままに動きまくる教授に見つからないよう、プレイヤーはそれぞれ協力しあっていくわけですが……とにかく、教授! ステイ! こっち来ない! あっ! だめ! 来ちゃだめぇぇ――っ!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

……とゲーム中波思わず大騒ぎな一本なのですよ(笑)

ってなわけで、ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!

ボードゲームレビュー第233回「クアックサルバー」が掲載されましたーっ!


毎週木曜日はキウイの日ーっ!(๑•̀ㅂ•́)و✧
ってなわけで、今週もやってまいりましたよレビュー紹介! 今回ご紹介するのはアークライト様より発売中の「クアックサルバー」なのですーっ!

バザール中にいっぱいお薬を爆発……じゃなくて、作ってお金を稼いで具材を揃えて袋の中に突っ込んで、またまた儲けてを繰り返していこうというタイプのゲームなのですよ。
購入した具材によっていろいろとコンボを決めれるのですけど、毎回袋の中からランダムに取り出すものですから、予想外の展開になりまくるなりまくる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

容量を超えて具材を投入したら鍋が吹っ飛んでしまうので、どのタイミングで投入をやめるのかなど度胸だめしな部分もあったりとルールはシンプルなんですけど、ドキドキハラハラが止まらない一本なのですよ!

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!(*'ω'*)

ボードゲームレビュー第232回「進撃の巨人ボードゲーム」が掲載されましたーっ!


心臓をささげよーっ!!
はいっ! ってなわけで毎週木曜日はキウイの日っ( ゚∀゚)o彡°

今週ご紹介するのはホビージャパン様より発売中の「進撃の巨人ボードゲーム」なのですーっ!
もう紹介するまでもないアニメに映画にゲームと様々なメディアミックス展開がされている大人気作品「進撃の巨人」がボードゲームとなってご登場なのですよ!

最初はキャラクターものだと思っていましたけど、ゲームデザイナーが「世界の七不思議」や「花火」を手がけたアントワーヌ・ボウザ様と、過去にレビューでご紹介した「女海賊鄭夫人」のルドヴィック・モーブロン様というガチコンビで作られていたんですね……なんか納得。

ゲーム自体はプレイヤーは兵団側と巨人側に別れて、互いに勝利条件に向かってバトルしていくという対戦型ボードゲームとなっているのです。
といっても、巨人側は一人なので通常のゲームならばフルボッコにされそうな話ですが、そこは進撃の巨人、なんたって巨人が強い強い(ΦωΦ)
兵団の組み合わせと初期配置によっては、まさかの数ターンキルなんて惨劇が起こってしまいましたからね(滝汗)

そして特徴的なのは、巨人のコマ! 兵団側の数倍以上、原作通りまさに巨人!
プレイヤーはこの巨人に飛び乗ったり、はたき落とされたりしながら勝利を目指していくのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ゲーム自体はダイスを振って、その出目を使って移動や攻撃を行い、巨人側の行動は手持ちのカードを使ってアクションを行うというシンプルな仕組みなのですけど、このカードが一枚は表、もう一枚は裏向きの状態で配置されるので、兵団側は表向きにされたカードから相手の次の行動を予測しなければならないし、巨人側は相手の読みを逆手に取ろうとブラフを仕込んだりとかなりの心理戦が展開されるのです(*´ڡ`●)

ご興味のある方は、ぜひぜひレビューにアクセスアクセスなのですーっ!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

シナリオライターの三家原優人と申しますー。一般からアダルトまでどしどし書いてますー。 主にブログ更新や宣伝をつぶやきますが、R18情報が流れるので、成人の方のみフォローをお願いいたしますーっ!
三家原のお仕事情報


お仕事のご相談などありましたら、こちらからお気軽にお声かけくださいませー。

記事検索
お仕事しましたーっ!
『大戦御村正 -魔人覚醒-』応援中!!

えろぼいす! Hなボイスでいちゃラブサクセス♪

おによめ 鬼娘を嫁にもらって中出し孕ませ子作り



アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: