_SL160_
ボードゲームレビュー第134回「ポーションエクスプロージョン」

 
毎週木曜日はキウイの日٩(・ω・)و 
ばたばたーっとしていると時間が過ぎるのが早いものですね(汗)

ってなわけで、前回の分はご紹介出来ませんでしたが、せめて6月最期のレビューはご紹介しなければm9(`・ω・´)っ

ってなわけで、本日ご紹介するのは、ホビージャパン様より発売中の「ポーションエクスプロージョン」なのですーっ゚゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

プレイヤーは魔術学校の生徒となって、卒業に向けた試験に挑むこととなったのですが、合格出来るのはただ一人だけ!
他の生徒たちを蹴落として、卒業に向けてポーション調合に奔走しまくるのが本作なのですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

特徴的なのは、やはりゲームに使われるコンポーネントですね。
ビー玉がじゃらじゃらと出てくるのですが、このビー玉が、薬品を生成する為に使われる素材の役割を果たしているのですよ。

このビー玉を4つのレーンにセットして、プレイヤーが一つずつ取っていくのですが、その前後に「同じ色の玉」がもしもあったら、衝突し合って大爆発!
こうなると、そのプレイヤーは爆発した素材も一緒にゲットすることが出来るのですよ。もちろん、爆発した素材が取り除かれた後に衝突が生じれば、もちろんそれも大爆発して……(笑)

そう、このゲーム、ぷよぷよなんですよね!(๑•̀ㅂ•́)و✧
なので、それが分かってくると、いかに一回で連鎖を引き起こすかを考えるようになってきて、ぐいぐいと面白さの沼にハマっていくのですよ(笑)

今のところ、私のお知り合いはほとんどこの沼にハマって、気がつけば買っていた人も居たり居なかったり。
私もお金に余裕があれば、ぜひぜひ欲しい一品なのですよ(=ω=)
 
パズルゲームや、特にぷよぷよがお好きな人はハマれる一品じゃないかなーっと思いますね。

コンポーネントの素晴らしさはもちろんのこと、取り扱い説明書の翻訳が今回は秀逸だと思いましたね。
ルールを単純に翻訳するだけでも、十分ありがたいのですけど、こういうノリノリで訳されていると、これから遊ぶ身からするとワクワク感がアップしますから٩(・ω・)و

ってなわけで、ご興味のある方は、ぜひぜひ遊んでみてくださいねーっ゚゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚


6月に紹介されたボードゲーム 

ice_cultbox